外食

タリーズとスタバのワンモアコーヒー券の使い方のオススメ

タリーズとスタバでコーヒーを頼むと、当日限り利用可能のワンモアコーヒー券を受け取ることができます。

このコーヒー券のおすすめの使い方は再来店です。

以下でその理由を紹介していきます。

コーヒー2杯を一気に飲むのはきつい

まずそもそもなんで普通にワンモアコーヒー券を使わないのか、という点です。

これは人によるかもですが、自分の場合、コーヒー2杯を一気に飲むのはきついからです。

カフェインの過剰摂取は体にもよくないので、1日2杯飲むにしても、時間を空けて飲んでいきたい思いはあります。

なので、いかにしてすぐに2杯目を頼まずして、ワンモアコーヒー権を使っていけるかは地味に重要。

以下では個人的におすすめだと思うワンモアコーヒー券の使い方を紹介していきます。

ワンモアコーヒー券の使い方1!朝と夜で再来店する

まず一つ目のオススメの使い方としては、朝と夜で再来店する方法です。

ワンモアコーヒー券は、タリーズの場合、当日のみ同じ店舗でのみ利用可能となります。

しかし、その条件に時間や来店回数の規則はありません。

なので、朝に一度モーニングコーヒーを飲み、夕方に再来店したときにワンモアコーヒー券を出して150円でコーヒーを入手することは可能です。

イメージ図↓

用事をすませて再来店も可能!

続いて2つ目のオススメの使い方です。

これは一度何か用事を済ませてからもう一度戻ってくるときに使えます。

どういうことかというと、まず普通に来店してコーヒーを買って、ワンモアコーヒー券を入手します。

その後、何らかの用事(例えば美容院や買い物など)を済ませてから再度来店するというやり方です。

この方法の利点はちょっとした時間つぶしができて、かつ、本来では認められない一度店外に出ていくという手法を低額で実施できるという点。

カフェで勉強しようとして、ノートを忘れた場合なども一度出て、ノートを買って再来店!とか昼だけ外で食べて再来店というような使い方ができます。

スタバなら別の店舗に再来店可能

続いてはスタバでのワンモアコーヒー券の使い方です。

一概にワンモアコーヒー券とはいっても、実はタリーズとスタバで若干違います。

どう違うかというと、ともに当日のみ利用可能という点は同じですが、タリーズでは最初のコーヒーを買った店舗のみ利用可能、スタバで一部の店舗を除く全国のスタバ全店舗で利用可能となります。

なので、スタバのワンモアコーヒー券の場合は、例えば最寄り駅のスタバで1杯目を飲み、会社や学校の近くで2杯目を飲むというような使い方が可能です。

せこすぎる裏技!レシートボックス拾い術

これはせこすぎるうえに、倫理的にアウトな感じがするので使わないでほしいのですが、ちょっと思いついたのでワンモアコーヒー券の裏技を紹介します。

それは客の中でワンモアコーヒー券を必要とせずにレジのレシート捨てに入れられたコーヒー券をすばやく拾い、当日一回目の来店からワンモアコーヒー券の価格でコーヒーを入手するという方法。

あまりにもセコい技ですが、意外とうまくいきそうでもあります。

まあ、使わない方が無難ですが、せっかく思いついたので書きました

終わりに

ここまでタリーズとスタバで配られるワンモアコーヒー券のお得な使い方について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ワンモアコーヒー券込みの値段で考えると、一杯あたりの価格をかなり下げることが可能です。

他にもドリンクチケットとして回数券を販売している店舗(ベローチェ、ファーストキッチン等)もあるので、いろいろ工夫してみてください。

ではまた。よいカフェライフを!