食事

昼食を健康的に変えるプラスワン弁当術!スーパーフードを加える

忙しいビジネスマンや学生の方の中には、朝は時間がないし夜も飲み会or残業続き、しっかりご飯を食べられるのは昼食だけ、という人もいるかと思います。

忙しい人の選択肢としては混みあう外食よりも、宅配で弁当を頼んだりとか、社員食堂で食べるという人が多い印象があります。

玉子屋などの大手宅配弁当サービスであったり、社員食堂のメニューなどは、基本的には栄養士がメニューを監修しているので、1食分でベランスよく栄養が取れるような献立になっていることが多いです。

しかし、朝も夜もちゃんと食べていない!という人にとってはそれではちょっと物足りない

そこで今日は、昼食だけで栄養を一気にチャージしたい人におすすめな、プラスワン弁当術を紹介していきます。

簡単に言うと、既存のお弁当にスーパーフードを振りかけてさらに栄養をパワーアップしていこうという戦略です。

社会人の昼食事情!お弁当サービスは増えている

まず学生+社会人の昼食事情を見ていきましょう。

お弁当派か外食派か、という大きな2択があると思いますが、皆さんはどちらでしょうか。

ちょっと古いデータですが、社会人のお弁当持参率は33%という結果も出ているようです。参考までに。http://www.garbagenews.net/archives/2074488.html

とはいえ、実際にはさらに細かく分けると、弁当を持参していなくても昼食時にお弁当を購入してデスクで食べる人、とか朝早く起きたときだけ弁当を作る人、あるいはご飯だけ詰めてもってきて副菜などはコンビニとかで買う人、とか色々います。

なのでデスクで食べる派と外に出る派とすると、半々くらいにはなるんじゃないかなと思っています。(当社比)

最近では朝注文するとお弁当を会社まで届けてくれるサービスとかも増えていて、お弁当派が勢力を拡大しつつあるようです。

市販のお弁当でも栄養バランスはよいものが多いが…

で、このお弁当ですが、基本的には栄養バランスが良いものが多いです。

コンビニのお弁当などの場合は野菜を別で買う前提で作られているのでお弁当単体では野菜不足になる可能性もありますが、お弁当専門店とか宅配のお弁当サービスとかはけっこうメニューが考えられています。

なので、外に出てラーメンを食べる!とかよりもお弁当を頼んで食べるほうが健康面ではメリットがあります。

とはいえメニューによってはやはり足りない栄養分が出てきたりもすると思うので、そこをさらに補うためにトッピングを加えるという選択肢は有効です。

弁当×スーパーフードの無限の可能性

で、お弁当に何をかけるんだという話になりますが、これはご飯の部分にスーパーフードを加えていくのがおすすめ。

なぜかというと、理由は二つあります。

まずは駆ける部分でなぜご飯なのか、という話ですが、ご飯はほぼすべてのお弁当において含まれるメニューなので、汎用性が高く、賭ける場所がない問題がないのがメリットです。

とんかつが出てきたときのみかけられる最高のトッピングを持っていても、とんかつが出てこなければ出番はありません。

その点ごはんはほぼ確実に出てくるので、万能です。

続いて2つ目の理由として、かけるものがなぜスーパーフードがよいのか、という話ですが、これはシンプルに栄養価が高いからです。

スーパーフードという言葉を聞きなれない人もいるかと思うので簡単に説明すると、スーパーフードとは、世界各地の文化で伝統的に食べられてきた野菜などの食物の中で、特に栄養価が高いとされているものの総称です。

アボカドとかアサイーとかモリンガとかそういうやつです。

で、このスーパーフードは少量でも豊富な栄養を摂取できるのでトッピングとしては最適。
しかもモノによっては常温保管が可能でかつ値段もそんなに高くないものもあり、トッピング用にデスクに入れておくだけみたいな簡単な運用が可能なのです。

ご飯にかけるおすすめのプラスワンスーパーフード

ではここから個人的にオススメなスーパーフードをいくつか紹介していきたいと思います。

1.チアシード

まずはチアシードです。
チアシードは中南米原産のシソ科の植物「チア」の種子。

たんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB群、食物繊維、α-リノレン酸などが豊富で、「人の生命維持にはチアシードと水があればよい」という言葉があるそうです。

味は癖のないゴマみたいな感じで、さっさとご飯に振りかけて食べることができます。

値段も1袋300円とかそんなレベルなので、コスパ的にも有効。

ちなみに一つだけ注意点があって、それはチアシードの腹持ちがよすぎることです。
チアシードは水を含むと10倍に膨れ上がる性質があって、たくさん食べると夜になっても全然お腹が減らない!となるので注意。

ダイエットにはおすすめかも

 

2.えごま

続いては同じくゴマっぽいやつですがえごまです。

日本最古の油脂植物ともいわれるえごまには、脂肪酸系の栄養が豊富で、オメガ3系脂肪酸 αリノレン酸などを摂取できます。

こんな感じの振りかけタイプがおすすめ

 

3.スピルリナ

最後は藻類のスピルリナです。

約30億年以上も昔に地球に誕生した最古の植物スピルリナは、今ではその栄養バランスの良さからスーパーフードの王様とまで呼ばれていて、特に豊富なのがタンパク質です。

スピルリナは藻類にもかかわらず、成分の70%がタンパク質で、タンパク質が不足しがちな人にはかなり効果的。

パウダー状のものもあるので、ご飯にふりかけていきましょう!

 

◆終わりに

ここまで弁当のご飯にトッピングできるスーパーフードについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

弁当×スーパーフードという選択肢は健康を楽にゲットできる効果的な方法です。

ぜひ試してみてください。

ではまた。よいお弁当ライフを。