家食

一人暮らしの外食を彩るためのオススメの方法

一人暮らしで外食続きだと、お金がかかるというのはありますが、それ以上に味気なさがつらいという人もいるかと思います。

忙しい社会人の方であると、残業続きでお金はそこそこ入っているけど、一人で外食を食べるだけの生活がつらい!ということもありますね。

今日は、そんな一人暮らしの外食さみしい問題を解決するためのソリューションを3つほど紹介していきます。

1.友達を誘って会食にする

外食の味気無さを払しょくするためのまず一つ目の方法としては、友達とともに外食に行くことです。

一人では寂しい食事も、2人以上なら楽しくなることもあります。

飲み会は時間取られるからちょっと…という人でもサクッとご飯食べてそのまま解散するような部活後の中学生のような関係性の友達がいれば、きっとあなたの外食ライフは充実するはず!

ちなみに友達とともに外食に行くメリットとして、一人では入りにくいハードルのお店にも入れるというメリットもあります。

個人的にはめっちゃ焼き鳥とか食べたいときに、一人で焼き鳥屋に入れないので友人の力を借りています(笑)

2.全ての店を制覇するつもりで巡る

外食の味気無さ問題を解決するための第2の手段が、ノウハウを蓄積するという考え方です。

これはどういうことかというと、日々の外食をただエネルギーを摂取し腹を満たすためでなく、近隣一帯のグルメレポートを完成させるためのアクションとして、日々情報収集をしていると考えるというやり方。

食事ではなく、ノウハウ集めであると考えることにより、「この店はまだ攻めていないな」とか「今日はまだ頼んだことのないこのメニューを頼んでみるか」といったような戦略的な思考が目覚め、日々の外食ライフに張り合いが出てきます。

しかもこの活動を続けていくと、半年から1年ほどでかなり食に詳しい人間となることができ、周りの人間から一目置かれるというメリットも。

日々の食事代を単に消費するのではなく、ノウハウへの投資に変えたい人にオススメの方法です。

3.健康は野菜ジュースとサプリメントに頼る

3つ目のポイントは外食に対し、過度の健康面での期待をしないことです。

外食で健康バランスを完璧にしようとすると、どうしても選べるメニューは限られてきてしまいます。

「昨日はラーメンだったから、今日は炭水化物多めの店はえらべないな…」とか「野菜が足りていないから野菜の多い店に行かねば…」といった感じです。

これがあると、外食は楽しくなくなります。

なので、まあ体が野菜を欲しているときは野菜を食べればいいし、健康的に行きたい気分のときは健康食を出してくれる店に行くのも良いかと思いますが、基本的には食べたいものを食べに好きな場所に行きましょう。

そして、じゃあ健康はどうするんだ?といえば、登場するのが野菜ジュースとサプリメントです。

野菜をミキサーにぶち込んで混ぜるだけならものの5分でできますし、忙しくても大丈夫。

しかも野菜ジュースなら熱で壊れやすいビタミンとかももれなく取れて効率的です!

そしてレアな野菜からしか取れない栄養素とか、脂質系とかはサプリメントで補っていけば完璧かなと思います。

外食はカロリーと炭水化物、タンパク質を取って足りない野菜などはジュースやサプリで取る!と割り切ることで、外食の幅は広がります。

終わりに

ここまで一人暮らしの外食を彩るためのコツを3つ紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ぶっちゃけかなりお金かかるんじゃね?と思うかもですが、まあたぶん月5万くらいです。

残業続きで使う時間もないけど金はある!という方は、ぜひ試してみてください。

外食のノウハウや体験はきっとあなたの人生の糧にもなるはずです。

ではまた。よい一人暮らしライフを!