食事

包丁不要の自宅スムージー作成戦略【バナナとホウレンソウ】

野菜不足を補完するために野菜ジュースを飲もう、そして市販の野菜ジュースは栄養がないという説もあるから家で作ろう!

と思い立つ一人暮らしユーザーも多いかと思います。

とはいえ、野菜ジュース・スムージー作りをやってみると分かるかと思いますが、ちゃんと作ろうとすると皮をむいたり野菜を切ったり、食器を洗ったりと結構めんどくさいもの。

特に包丁は普段自炊をしない人においてはけがのリスクがある危険な工程でありハードルが高く感じるもの。

そこで今日は、めんどくさがりで自炊が苦手だけど野菜は取りたい人に向けて、包丁不要の自宅スムージー作成戦略を紹介してきます。

まずはバナナとほうれん草を買ってこよう

包丁不要のスムージー戦略としては、包丁を使わなくても細かくできる食材を用いて手で野菜や果物を細かくしてミキサーにぶち込んでいくスタイルです。

なので食材選びが重要で、ポイントとしては以下の通り。

1.皮が向きやすい

2.素手でこまかくできる

この2つを満たしていて味的にもいい感じなやつらが、バナナとホウレンソウです。

なので、まずはこのバナナとホウレンソウを八百屋とかスーパーで買ってきましょう。

どちらも安い系野菜なので、200円くらいあればそこそこの量が買えるはずです。

2㎏で1980円↓

 

バナナの皮をむいたらあとはちぎるだけ

で、買ってきたバナナとホウレンソウ、そしてミキサーを用意します。

そしたらまずはバナナの皮をむきます。これは簡単ですね。

バナナの皮をむいたらあとはミキサーに入るレベル(4cm四方くらい)までちぎっていきます。

ホウレンソウに関してはひねりを加えてちぎるといい感じにちぎれます。

で、細かくなったらミキサーにぶち込んで水を少し加えてスイッチオン。

10秒くらい回したら出来上がりです。

ここまで2分くらいです!

コップに移す手間も省けるブレンダー↓

 

片づけはややめんどいけど浸け置きも可

で、スムージーを飲んでいくわけですが、片づけはちょっとだけめんどくさいです。

というのはミキサーを洗う必要があるから。

ただ、朝の忙しい時間などですぐに洗えないときはとりあえず水を満タンにしてそのまま浸け置きにしておくのも手です。

あとで時間があるときに洗えばOK。

水を張っておかないと野菜がこびりついて洗うのが大変になるので注意!

終わりに

ここまで世界一かんたんな野菜ジュース作成の方法について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ホウレンソウとバナナのスムージーの味ですが、マイルドでグリーンな味わいです。

ふつうにおいしいし値段的にも手間的にも強いので、とりあえず野菜ジュース作ろうと思った人はまずここから試してみてください。

では今日はこの辺で。よい野菜ジュースライフを!