外食

「TakeMePay」個人飲食店でも導入すべきスマホ決済サービスのおすすめ

takemepay-okudake

外食をめっちゃ利用する身として思うのが、スマホ決済を全店で統一してほしいということ。

「うちはiDしか使えません。」

とか

「うちはLinePayだけですね」

みたいになると何!?ってなって結局無難な現金で払わざるを得ない・・・!

となると、今日は手持ちの現金が少ないから安心のチェーン店に行こう!ともなりがち。

そうならないようにするためのサービスを紹介します。

個人飲食店でスマホ決済サービスを導入するなら「TakeMe Pay」

というわけでさっそくなんですが、めっちゃ楽にスマホ決済サービスを複数導入したいならTakemepayがオススメです。



>>乱立する決済を一つにまとめる共通QRコード決済【TakeMe Pay】

なぜかというとオールインワンだから。

端末一つで様々なスマホ決済サービスを導入できるというんです。

たkる
たkる
めっちゃ楽かよ

解説動画↓

ちょっとだけ動画の内容をまとめるとこんな感じ。

  • QRコード置くだけ
  • 世界でよく使われるスマホ決済をカバー
  • 初期費用、月額費用0円
たkる
たkる
なんだこれ・・・最強か???

これなら個人経営の飲食店でも入れられる!

TakeMe Pay (公式サイト)

「TakeMePay」が個人飲食店でも導入をオススメすべき理由

ちなみにこのTakemePay、ちょっと気になって詳しく調べてみました!

そして個人的にオススメだと思うポイントを3つにまとめました。

QRコードを置くだけで楽!2週間で導入可能!

まずはオペレーションの簡単さです。

スマホ決済サービスって実はけっこう各社違いがあって、それぞれの動きみたいなのを覚える必要があるんですが、このTakemePayは一つの動きだけですべてのスマホ決済サービスを行えます

QRコード読み取るだけで全部行ける↓

takemepay-okudake
たkる
たkる
なので、導入で店員の負担にならない!

ちなみに申し込みから導入までは14日くらいだそうです。

初期月額費用は0円で安い

続いては経営者目線になりますが、料金プランがめっちゃいい感じなのも魅力です。

takemepay-ryoukin

プランがこんな感じで、初期費用、月額費用ゼロという個人飲食店にもお優しいプライスレス!

じゃあ、どこで儲けるの?というと決済手数料でここに3%かかりますが、ぶっちゃけクレジットカードと同じくらいの利率なので全然新規のダメ―ジがないです!

たkる
たkる
ノーリスクかよ!

外国人に強いので英語不要

takemepayraku

あと、個人的に強いなと思う点が、TakemePayが海外の利用者が多いサービスに特化しているという点で、これにより英語対応稼働が削減できるのがよいです。

例えば、外国人がきて「Can I use this card?(このカードは使えるかい?)」みたいに言われて困る場面があると思います。

そんなときにこのTakemePayを導入していれば、設置したQRコードを指さして「You can use this!(ここに書いてあるやつを使えるよ)」と言えばOK

あとは勝手にそこを見て使える奴を外国人さんが選んでくれます

たkる
たkる
英語できない人のオリンピック対策はこれだ!

「TakeMePay」を導入して個人飲食店でもチェーン店に対抗しよう!

という感じが「TakeMePay」です。

わりとオススメだと思うので、ぜひ導入してほしいというユーザー側の視点でした。

飲食関係者の方はぜひ検討してみてください!

TakeMe Pay (公式サイト)

ではまた。よい外食ライフを!