お店

フットサルが観れる駅前カフェ・大崎TeaStyle

morning-wahuru

カフェは外の景色も含めての「席力」だなぁ、と思う時がたまにあります。

最近読んだ本では、『木曜日はココアを』という作品が、カフェの外を流れる川の風景とかを繊細に描き出していていいなと思いました。

という流れの中で、今日は窓の外でフットサルが眺められる東京・大崎にあるTeaStyleカフェを紹介していきます。

大崎駅の山手線外側にあるTeaStyleカフェ

teastyle-gaikan

じゃあTeaStyleCafeについて紹介していきます。

まずどこにあるのか、という話でいうと、東京の大崎駅にあります。山手線とりんかい線、湘南新宿ラインが通っている駅ですね。

で、その大崎駅をthink Park Plaza側に出るとビルの目の前に「マザーリーフティースタイル」が見えてみます。

ビルの前にポツンとたってる奴がそれです。

TeaStyleのメニューはワッフル+紅茶がメイン

でこのTeaStyleですが、TeaStyleという店名の通り、コーヒーメインというよりもパン+紅茶のセットが豊富です。

メニューはこんな感じでモーニングとかもあります。

モーニングメニューでもワッフルがついてきます。(サラダ+スクランブルエッグ付きで480円)

morning-wahuru

ワッフルメインのやつだとこんな感じ!

ベリークリームワッフル+ドリンクセット(780円)とかそんな価格感!

TeaStyleカフェの特徴その1:フットサルが眼下に見える

そしてこのTeaStyleCafeですが、ワッフルや紅茶以外にも特徴があります。

店内はガラス張りでおしゃれな感じなんですが、しかもフットサルコートがすぐ下にあるのでそれを眺めることができるのです。

↗︎こんな感じでフットサルコートが眼下に見えます。

朝の時間帯とかはフットサル場はまだ稼働していませんが、昼とか夜になると、小学生サッカーチームとか社会人チームとか結構バラエティに富んだメンバーがフットサルをプレイしています。

TeaStyleカフェの特徴その2:ナイフとフォークがプラスチック製

そしてこのTeaStyleカフェの特徴その2としては、ワッフルを頼んだ場合に限りですが、ナイフとフォークがプラスチック製になるという点もあります。

プラスチックで切れるのか?と思ったんですが、意外とすんなり切れます。

メリットとしては、子供が持っても怪我しにくいとか、軽くて持ちやすい!とかがあるのかなと思います。

・・・ナイフがプラスチックというのは個人的には初めて見ました!

終わりに

ここまで簡単にではありますがフットサルコートの見えるカフェとして大崎駅のTeaStyleを紹介いたしました。

フットサルを見学する時などに、カフェでドリンクを飲みながら優雅に見学するというのもまた良いかなと思います。

ぜひ利用してみてください。

ではまた。良いカフェライフを!

大崎出口モーニング
【出口が重要】大崎駅で迷わずモーニング対象カフェに行き着くコツまとめ!大崎駅のモーニング対象カフェを紹介していきます。 大崎駅はJR山手線と湘南新宿ライン、りんかい線をつなぐ要衝!超大型ビルで迷いやすい!...
wahuru-teastyle
健康的なモーニングを頼むはずがワッフルになってる時ってあるよねっ!朝起きて、皆さんはまず何をしますか? 自分はまず時計を見て、11時よりも早ければモーニングメニューを頼めるカフェへと向かいます。 ...