住居

【冷え性必見!】一人暮らしの部屋防寒対策!冬を乗り切るオススメアイテムまとめ

一人暮らしの冬は寒い。

心が寒いというのもありますが、一人暮らしの場合、外に面している部屋がほとんどであるため、家の中心部に逃げ込めば結構暖かいという一軒家よりも寒い思いをしやすい環境にあります。

そこで重要になるのが防寒対策です。

窓に断熱材を張ったり、カーテンを断熱素材のモノにしたり、あるいは部屋着を暖かいものに変えてみたり、、

工夫次第で冬の快適度は大きく変わります。

そこで、今日は一人暮らしの冬を快適にするための断熱防寒グッズのおすすめを紹介していきたいと思います。

では、参ります。

一人暮らしの防寒戦略の全体像!冷え性必見

まずは、一人暮らしの防寒のポイントを紹介していきます。

ポイントは3点です。

  • 1.窓からの冷気のシャットアウト
  • 2.体を温める衣服や食事
  • 3.寝ている間に冷えない寝具

では、それぞれについて説明していきます。

1.窓からの冷気のシャットアウト

エアコンをつけて部屋を温めてもなぜかあんまり暖かくならない。

そんなときは窓を疑ってみるのがポイントです。

というのも、部屋の熱の大半は窓を通して外に出ていきます。

なのでこの窓に断熱材を使うことで部屋の熱を外に逃がさないようにすることができます。

 

2.体を温める衣服や食事

続いてのポイントは部屋の中での過ごし方です。

部屋を暖かくしても裸で過ごしていれば風邪をひくリスクは増しますし、食事をとらなければ血糖値が下がって寒く感じます。

なので、部屋の中でもヒートテックなどの防寒着を着て、かつ食事も定期的に取ることが重要です。

特に生姜はショウガオールという冷え防止成分があるのでおすすめ。

 

3.寝ている間に冷えない寝具

最後のポイントは寝具です。

人は寝ている間にもっとも体温が下がります。

雪山とかで「寝たら死ぬぞー!」となるのはそのためです。

なので、起きているとき以上に防寒を固めなければならないのが寝ているときで、ふとんや毛布などの寝具はしっかり防寒性能が高いものにしておきましょう。

 

一人暮らしのおすすめ防寒グッズまとめ

では、ポイントを押さえたところで、ここからはオススメの防寒グッズを紹介していきたいと思います。

気になるものがあればぜひゲットして、冬を乗り切っていきましょう。

山善の「断熱断冷カーテン」

まずは、山善の断熱断冷カーテンです。

これは一見すると普通のカーテンですが、実は二枚組になっており冷気が抜けにくい構成となっています。

昼間は半透明のカーテンのみにすれば光を入れて、夜は2枚とも閉じてがっちり冷気をガード、というように使い分けられる点もポイントです。

冬のカーテンのイチオシナンバーワンの製品。

 

カーテンなしでステンドグラス風の室内を作り出す「窓目隠しシート」

まずはこちらのアイテム。

これは窓に貼るタイプの断熱材で、貼ったりはがしたりが可能です。

なので秋の模様替えに合わせてペタっと貼って、春にベリっとはがせます。

貼ることで結露を防止したり、紫外線をカットしたりもします。

さらにこの製品の最大の特徴は、これをつけると外から室内の様子が見えなくなるということ。

カーテンなしのステンドグラス風の世界観を作り出したい人などにもオススメです。

 

アイリスプラザの着る毛布

続いてはこちらのアイテム。

冬の朝などは布団から無限に出たくないという思いを抱える人も多いかと思いますが、毛布を取らずしてベッドから出ることのできるアイテムがこちらです。

人を駄目にするといっても過言ではないので用法用量には注意。

永谷園「冷え知らずさんの生姜スープ」

韓国の代表的スープであるサムゲタンのスープです。

韓国料理は基本的に冷えに強いものが多いですね。

しかも冷えに強い生姜も使っており、食べればたちまち暖かくなれるような雑炊風スープとなっています。

冷え性の人にオススメです。

毛布いらずのフリース布団カバー

一人暮らしの場合、毛布を使いたくても夏の置き場所に困るから踏み切れない、という人もいるかと思います。

そんな人にオススメなのがこちらのアイテム。

フリース素材の掛け布団カバーであるこの商品は、毛布なしでもかなり暖かいです。

しかもあくまで布団カバーなので夏はコンパクトに収納でき、置き場所にも困らない。

 

終わりに

ここまで一人暮らしにオススメな防寒戦略を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

最近めっきり寒くなってきたので風邪をひかないようにぜひ防寒グッズを導入していきましょう。

麻雀打ち向けの防寒対策はこちら↓