住居

一人暮らしのカギ失くして家に入れない問題の対策

kagi-taisaku

一人暮らしにおいて無くして最も困るものといえば、カギですね。

カギをなくせば家に入ることはできなくなり、一発で詰むからです。

自分もかつて何度かカギを無くしていて、それにより以下のような状況になりました

  • カギをかけないまま半年間生活(オートロックがあったからいいかなーと)
  • 外にいるときにカギを無くして家に入れない・・・(詰んだ!)

今日は、割とやらかしがちな自分の経験をもとに、カギをなくす前、あるいは無くした後に行っておくべき対策を解説します。

カギをなくす前にやっておくべき対策

まずは、カギをなくす前にやっておくべき対策ですが、これはカギのスペアを作っておくことです。

スペアがあればカギを無くしてもいきなり家に入れなくなる!という最悪の事態を避けられます。

たkる
たkる
自分クラスになるとスペアを5つくらい持っています

で、スペアはどこにおいておけばいいか、というと、自分しか手の届かない場所におくか、人に預けておくのが良いです。

それぞれ具体的にいうと、

  • 自分にしか手の届かない場所:家の前にダイアル式の金庫を置いてそこにカギを入れておく、会社や学校などのロッカーなどに入れておく等
  • 人に預けておく:家族に渡しておく、友達に渡しておく等

といった感じ。

とにかくカギがゼロにならないように運用すれば、カギがなくなって詰む!というパターンは避けられます。

カギを無くした時に考えるべき忘却の復元術

では続いてはカギを無くしたかもしれないけど、多分どっかにあるはずだ!という無くしたか無くしてないか微妙なときの対策です。

たkる
たkる
昨日の記憶さえ戻れば・・・!

みたいな感じ。そんなときのおすすめの方法は、ありきたりですが状況を詳しく振り返ってみることです。

ステップとしてはこんな感じ。

  1. まず、絶対にカギがまだあった瞬間を特定する
  2. カギを最後に出してから今までの行動を振り返る
  3. 落としそうな場面(財布に入れていたら財布を使った場面など)をピックアップする
  4. 落としたと思われる場所から落し物が届きそうな場所を特定し、行ってみる。

このステップを全部やってもなかったら多分無くしているので、カギ無くし確定対策を行いましょう。

カギを無くしたことが確定した後にやるべき対策

カギを無くしたことが確定した場合の対策です。

これはスペアがあれば、それを取り出して終わりなんですが、スペアが無い場合は結構めんどくさいです。

というのもカギ交換業者を呼び、今あるカギを壊して新しいカギに変えてもらう必要があるから。

緊急で呼ぶ業者についてはあらかじめネットとかで調べておかないと、適当に呼ぶと2万円くらいしたりすることもあるので要注意。

こんな感じの業者をあらかじめピックアップしておくと良いです↓

◆カギの修理業者



鍵のトラブル出張費無料!【鍵修理屋】

・・・見積もり相談0円



【キーロックホームズ】

・・・24時間365日やっている!

そんな感じ!一人暮らしは割と鍵なくすと詰むので注意しましょう!ではまた。良い一人暮らしライフを!