住居

男性一人暮らしの引っ越し、挨拶回りすべきか否か問題

新たに一人暮らしを始めようとした際に、した方がよいかで迷う点の一つが挨拶回りですね。

ご近所付き合いの強い地域では、挨拶回りをしないことは村八分の憂き目にあうこともあり、非常に重要ですが、一人暮らし用のアパートなどではそこまで厳密ではありません。

むしろ、「何こいつ、挨拶回りしてきたわ。古き人間かよ」と思われるのでは?と思っている人もいるかもですね。

ただ結論からいうと、挨拶回りは現代でも一応しておいた方が無難です。

特に一人暮らし初心者なら、できれば挨拶をすべきです。

その理由を以下で解説していきます。

そもそも挨拶回りって何?

そもそも挨拶回りの意味が分からないんだが?という人のために、簡単に挨拶回りとは何かを紹介します。

挨拶回りというのは、新たにその土地に来た人間が挨拶をかねて、近所の家をめぐる習わしのこと。

ちょっとした日用品やお菓子などをもって行くのが通例となっています。

この挨拶回りという言葉ですが、単に引っ越し後だけに限らず、会社などでも新入社員や異動したてのひとなどは「ちょっと挨拶回りしてきなさい」といわれることもあるかと思いますので、覚えておいて損はない言葉です。

引っ越し後の挨拶回りをするメリットとデメリット

ではここから本題に入りまして、引っ越し後の挨拶回りをすべき理由を紹介していきます。

理由は大きく4つあります。

  • 1.隣人へのプラスイメージ
  • 2.ご近所トラブルを未然に防げる可能性
  • 3.変な人を事前に知れる
  • 4.出会いが広がる

それぞれ解説していきます。

1.隣人にプレスイメージを与えられる

まず挨拶回りをする一番大きなメリットとしては、隣人に良いイメージを与えられるという点が大きいです。

挨拶回りをする習慣のある人とない人がいますが、もし挨拶回りをする習慣がある人は、挨拶回りをされたとき「あ、この人はちゃんとしている人だ、よかった」と思います。

一方で挨拶回りをしない人も、「何この人、挨拶回りしてきた、怖」というよりも、「あ、きっちりした人だなー」に思うことが多いです。

なので挨拶回りをする人にはプレスイメージを与え、挨拶回りをしない隣人に対してもイメージダウンは起きないという結果となるので総合的に見てプラスです。

2.ご近所トラブルを未然に防げる可能性

また、壁ドンとかゴミ捨て問題とかそういったご近所トラブルは、隣人の顔がみえないことから起こるケースもけっこうあります。

これがもし、隣が知っている人であれば起きないようなトラブルもあります。

具体的には深夜に洗濯機を回すというような行いはNGとされていますが、挨拶回りの際に「一人暮らし初心者でご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが・・・」みたいな表現があれば、「ただ知らないだけかー」と思って指摘しやすくなります

挨拶回りをすることで、ちょっとだけお目こぼしをもらえる可能性もありメリットがあります。

3.変な人を事前に知れる

第3のメリットとしては、ネガティブな要因ではありますが、変な人が周囲にいないかをあらかじめチェックできることが挙げられます。

挨拶回りの際はドアを一軒一軒ピンポンして回るため、ドア越しに部屋の中をちょっとだけ確認でき、動物の死骸とかそういうのがあるようなヤバい人かどうかを確認可能です。

「変な人と積極的にかかわる挨拶回りはむしろリスクでは?」と思うかもですが、ヤバい人はどんなにかかわりを避けようとしても来るときは向こうから寄ってきます。

なので、あらかじめ対処をできるように周囲の人をチェックしておくことは重要です。

また、挨拶回りをした限り直接変な人がいなかった場合でも、おしゃべりな隣人が、「〇〇さんには注意しなされ」みたいな助言をくれる場合もあります。

4.出会いが広がる

最後はポジティブな要因ですが、挨拶回りをするメリットとしては、人脈が広がる可能性があるという点も重要です。

挨拶回りをしたときにアドレスを聞いたりとかぐいぐい行くと変な人になってしまいますが、挨拶回りをした人が偶然同じ大学の同級生だった!とかどこかで再開!みたいな展開は結構アツイなと思います。

見込み人脈を作る意味でも挨拶回りをしておくとよいかと。

オススメのあいさつ回りアイテムはタオルかお菓子

で、実際のところあいさつ回りって何を持っていけばいいんだろう?

と思う人もいるかと思います。

まあ、これは「無難でつまらないもの」でよいです。

具体的にはタオルなどの日用品、あるいはちょっとした菓子折りとかがオススメ。

 

まとめ:一人暮らしの挨拶は得はあっても損はない

ここまで挨拶回りをするメリットについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

色々書きましたが、まとめると、挨拶回りをして得することはあっても損することはないため、できるならやっておいた方がいいよ!といった感じです。

ただでさえ忙しい引っ越し後に挨拶回りをするのは面倒かと思いますが、少なくとも2年はご近所になる方々なので、どんな人かも知る意味も込めて重い腰を上げて挨拶回りをするようにしましょう。

ではまた。よい一人暮らしライフを。