未分類

冷凍弁当とかいう健康ソリューションがオススメな理由

健康な一人暮らし生活を送りたい。

でも自炊をしている時間もなければ、知識も技術もない。

毎日外食していては健康面で気になる。

そんな人にオススメのソリューションが冷凍弁当です。

冷凍弁当というのは、文字通り凍らせた弁当を宅配で届けてくれるというサービス。

野菜などに含まれるビタミン類は熱には弱いが、冷凍してもほとんど構造が壊れないため、電子レンジでチンして食べると、栄養をそのままに食べられるという利点があります。

今日はこの冷凍弁当というアイデアについて考えていきましょう。

冷凍弁当は増えています

この冷凍弁当という市場ですが、実はいまかなり伸びています。

UberEatsなどの配達員が増えてきたなと感じる今日この頃ですが、弁当業界全体がひそかなブームです。

そしてその中でも冷凍弁当というのは、賞味期限を気にせず(1~2年のモノが多い)、かつ栄養面でもメリットがある(栄養が壊れない)ということで、注目を集めています。

実際、頼んでおいてあとは冷凍庫に入れておくだけ!という気軽さもあって、自炊しない勢にとってはかなり心強い味方です。

ちなみにスーパーなどで売っている冷凍食品との違いとしては、より栄養バランスを考えてオールインワンにしたものが冷凍弁当、単品で売られているものが冷凍食品といった感じ。

冷凍食品も実はイメージに反して、栄養はあるみたいですね。

冷凍弁当8つの利点

では、冷凍弁当の利点をもう少し詳しく見ていきましょう。

冷凍弁当の利点としては、以下のようなものがあります。

1.季節によらない

2.値段はそこそこ安い

3.栄養が壊れない

それぞれ解説していきます。

1.季節によらない

まず一つ目のメリットですが、季節によらずいつでも頼めるという点が挙げられます。

ふつう生の野菜などであれば、旬とか取れ高とかによって手に入りやすいものとそうでないものがありますが、冷凍野菜を使った冷凍弁当であれば季節に関係なく食べたいメニューを手に入れることができます。

しっかり冷凍されていれば賞味期限は1~2年というものも多いみたいで、家庭用冷凍庫ではそこまでいかないかもですが、企業側での保管では半永久です!

2.値段はそこそこ安い

二つ目は値段の安さです。

冷凍弁当はふつうのお弁当に比べて死ぬほど安い!というわけではありませんが、通販業者などで大量に買うと、1食あたり300~500円くらいまでは下げることが可能。

これは以下の理由によります。

廃棄ロスが少ない

豊作時にたくさん作って置ける

企業側としても、冷凍弁当のほうがロスが少ないので値段を安くしやすいみたいです。

3.栄養が壊れない

最後は栄養面のメリットです。

基本的にビタミン、たんぱく質などの栄養素は、熱に弱いものが多いです。

ビタミンは60度以上で加熱すると構造が壊れますし、たんぱく質も変性してしまいます。

しかし、一方で冷凍にはけっこう強くて、瞬間冷凍した場合はほとんど構造が壊れません。

なので、冷凍弁当では栄養素をそのまま取ることができるという点において、栄養面のメリットがあります。

下手に料理をするよりも、ちょっと味付けをしてあとは冷凍した!みたいな弁当のほうが健康的なのです。

その他のメリット

そのほかにも、冷凍野菜という観点で言うと、皮むきが不要で生ごみが出ないとか、ゆでたり焼いたりといった料理にかかる時間が短縮できるので、時間的にもメリットがあるのなどもけっこう大きいです。

終わりに

ここまで冷凍弁当について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

料理をしなさすぎて冷凍庫が遊んでる!という方は、ぜひ冷凍弁当を試してみてはいかがでしょうか。

最近では、低糖質メニューとか、小分けで使える!といったように好みでカスタマイズできるところも多いみたいなので、ぜひどうぞ!

ではまた。よい一人暮らしライフを!