インテリア

1Rを広く使うコツはベッドを置かずソファベッドに変えること

東京で夢の一人暮らし!という地方出身者にありがちな絶望は、東京の家賃の高さと、新入社員レベルで借りられる家の狭さです。

元々首都圏とかに住んでいる人であれば、まあ、東京はそんなものだ!というのを知っているのでダメージは少ないですが、広大な住環境になれてしまっている地方民だとカルチャーショックを受けることもままあります。

でも大丈夫。

東京のへやが狭いのは仕方がないことですが、工夫次第で快適さをあげることは可能です。

今日は、東京などの都心で一人暮らしを始めたけど部屋が狭すぎて萎える!という人に向けて、ベッドを置かないという手法を紹介していきたいと思います。

東京のワンルームは狭い

まずは東京のワンルームがどのくらい狭くて高いのか、という話から始めていきましょう。

東京都内のマンションの相場は山手線沿線の下の方(新宿~渋谷~秋葉原くらいまで)では、ワンルーム20m2(6畳ちょい)で約7万円です。

クソ高くないですか。

ただ、この相場をまずは受け入れましょう。

東京のレイアウトは収納との戦い

そして東京のワンルームでは、この狭い部屋の中に如何に効率よく家具を配置していくかがレイアウトのカギとなります。

地方では好きなものは全て部屋に飾るというような足し算のおしゃれレイアウトを楽しむこともできますが、東京ではいかにポイントを絞るか、というミニマリスト的な能力が求められるのです。

とはいえ、テレビ、机、ベッド、ソファなどを置いていくとおのずと部屋の1/3くらいは埋まってしまいます

ベッドを消してみるという選択肢

テレビや机、ベッド、ソファあたりは部屋にあるとうれしいアイテムですが、全部置くとかさばります。

そこで、それらを統合していくという戦略が有効です。

具体的には、ベッドを置かずにソファベッドにすることで、昼間はソファ、夜はベッドとなり家具が一つ減ります。ベッドはもっともかさばる家具の一つであるので、これを除外することで部屋はかなり広くなります!

このベッドを置かないという選択肢は、意外にも現実的で、最近のソファベッドはかなり寝心地がよく、かつソファ状態がおしゃれなものも多いです。

以下ではソファベッドを置くという選択肢の具体的なイメージを見ていきましょう。

おすすめソファベッドで広々ワンルームライフを送ってみよう!

ではここからは具体的にオススメのソファベッドを紹介しつつ、ベッドのない生活をイメージしていきましょう。

ちなみに、ソファベッド以外にもベッド以外の寝具は色々あり、そのアイデアについては以下の記事にまとめているので、よければ参考にしてください。

横幅広めで寝返りも安心なソファベッド

まずは寝返りを打っても安心な広めのソファベッドです。

もともとは2人用のアイテムですが、一人暮らしでも寝返りをうちたい系の人などにはオススメ。

ベッド状態では横幅130㎝、長さ178㎝とかなり広々設計です。

ソファ状態ではリクライニングを14段階選べるというのも高機能でよい!

値段は1万円程度

 

超本格派の重厚ソファベッド

続いては、ソファベッドとは思えないほどの重厚で高級感がある感じがウリの本格派です。

それがこちら。


ソファベッド 4WAY分割ソファーベッド

ベッド状態の長さは172㎝なので背が高い人は要注意ですが、寝心地・座り心地ともにソファベッドでは最高峰の一品です。

値段は2万円程度

 

コスパ最強なシンプルソファベッド

続いては、一人暮らしの初期費用はそこまでかけたくない!という人にオススメなコスパ最強なソファベッドです。


折りたたみ ソファ ベッド 送料無料 

値段は7000円程度と安価ながらも、長さ198㎝×横幅90cmとそこそこ広く、かつ折り畳み状態のソファも反発が強くてけっこう座り心地がよいです。

見た目的にはソファ感がやや弱く、ソファ風に折りたためるマットレスという感じですが、実益を取っていきたい人にはオススメ。

 

スプリング付きで寝違えないソファベッド

続いては寝心地を重視する人にオススメのソファベッドです。

それがこちら。


山善(YAMAZEN) ソファベッド 4way 折りたたみカウチソファベッド カーキ ISO-110(DOL/DBR)RG

床で寝るのは嫌だ!という人もベッドのようにちょっと高い位置で眠ることができます。

 

ちなみに、山善のソファベッドは組み立てがやや大変みたいなので、組み立てが面倒な人はアイリスオーヤマ製のを選ぶのもアリです。(こっちのほうが組み立てがカンタンらしい)

 

収納付きの便利ソファベッド

続いては、ベッドとソファ機能だけでなく、さらに収納スペースにもなってほしい!という要望の人にオススメのソファベッドです。

それがこちら。


ソファーベッド ソファ 二人掛け

場所はけっこう取りますが、普段はソファかつ物置として使い、友人が泊りに来たときなどはベッドとして貸し出せる!みたいなアメリカンな使い方ができる一品です。

値段は25000円ほど。

 

25000円は高すぎる!という人は同じくDORIS製の収納付きソファベッドで19800円くらいのこちらもオススメ。


DORIS ソファーベッド 収納 ソファ 引き出し付き リクライニング グリーン リート

食パンでメルヘンな部屋を作れるソファベッド

最後はちょっと変わり種のソファベッドが欲しいという人にオススメの食パンベッドです。

見ての通り食パンです(笑)


セルタン 食パンソファベッド A399-359WH/515BE/516BR

見た目のインパクトだけでなく、意外と寝心地はいいみたいで密かなファンが多い一品。

弱点はベッド状態の長さが短いこと(165cm)で、子供や背の低めの女性向けかなと思います。

 

終わりに

ここまで一人暮らしで部屋を広く使うコツとしてソファベッドという選択肢を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

たまり場を目指す人などはぜひベッドを置かずにソファベッドにするという選択肢を検討してみてください。

ではまた。よい一人暮らしライフを!