外食

おでんが食べたいときは「岡むら屋」の肉めしを使っている

ふいにおでんが食べたくなるときってないでしょうか?

今は夏なので、まあそんなにないかもしれませんが、そんなとき思うのが意外とおでん屋ってなくね?いうこと。

河川敷に屋台のおでん屋!みたいなのはイメージはあるけど実際には見たことがないです。

おでん食べたい!でもどこで食えばいいんだ!?

というときに、自分は「岡むら屋」を使っています

岡むら屋ってなんだ?

岡むら屋ってなんぞや、という人もいると思うので簡単に紹介していきます。

まず基本情報として、設立は2015年、アークダイニング株式会社という会社が経営する牛丼屋です。

店舗は主に東京を中心に勢力拡大中で、新橋、秋葉原店、新宿西口店、田町店、高田馬場店、五反田店山の手線沿線によくある店舗となっています。

スタイルは一人でも入りやすい牛丼チェーンといった感じですが、岡むら屋のメニューはちょっと他とは違います。

岡むら屋のデラ肉めしは実質おでん丼

岡むら屋の誇る看板メニューが「肉めし」です。

松屋も牛丼を牛めしと表現を変えていたりするので、その一環かなとも思うかもですが、岡むら屋の「肉めし」は一味違います。

そう違うのかというと、上に乗っている具材が「おでん」なんです。

これが「デラ肉めし(630円)」というやつなんですが、肉のほかに、大根、玉子などおでんっぽい具材が満載なのが分かるかと思います。

トッピングも、七味、紅しょうがなどの定番のほかに、からしが置いてあったりとおでんに寄せているのが特徴です。

メニューは「肉めし(490円)」⇒「デラ肉めし(630円)」⇒「スゴ盛肉めし(790円)」と進化していきます。

岡むら屋の赤肉めしは激辛

ちなみび肉めしには赤色バージョンもあって、こっちは超辛いです。

中本系のヒリヒリくらいタイプなので、牛丼だと思って油断しない方が良いです。

終わりに!おでんが食べたくなったら岡むら屋へ行こう!

ここまで簡単に岡むら屋の肉めしを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

伝えたかったメッセージは一つだけで、おでんが食べたいときはもし行きつけのおでん屋がなくても岡むら屋に入ればOKということ。

東京にお立ち寄りの際はぜひ行ってみてください。

ちなみに+60円でスープを付けられますが、まあこれはなくてもよいかなと思っています。

ではまた。良いおでんライフを!

日乃屋カレーの健康的メニューは「三種の野菜」トッピング最近勢いのあるカレーチェーンとして日乃屋カレーという店舗があります。 500円代からカレーが食べられてふつうに美味しいので人気です...
ゆで太郎の健康メニューは薬味そば(夏季限定)東京の五反田駅周辺にだけ、なぜか6店舗もドミナント(密集した)な配置を取っているそば屋・ゆで太郎。 今日はそのゆで太郎の健康的メニ...
gaishoku-kenko
各種外食チェーンで健康食生活を送る方法【メニュー別のおすすめスタイル】外食中心の食生活でも、健康的な栄養バランスをキープすることは可能です。 今日は、『コンビニ食・外食で健康になる方法』という本を読ん...