食事

手作り野菜ジュースが健康面でオススメな3つの理由

手作りの野菜ジュースを作って食事が割りに飲むという方法は非常に健康的です。

しかし、なぜ野菜ジュースなのか?、なぜ手作りなのか、その理由はよくわからないという人も多いかと思います。

そこで今日は、手作り野菜ジュースを飲むことが、飲まない場合に比べ健康面でメリットがある3つの理由について以下で紹介していきたいと思います。

野菜ジュースの3つのメリット

野菜ジュースには、普通に野菜を料理して食べるのに対し、以下の3つのメリットがあります。

1.時間メリット

野菜を取ることは健康上重要。しかし、忙しい私たちは野菜や果物を洗って、皮をむき、きざんで料理する、という時間が常に取れるわけではない。
そんなとき、野菜ジュースならすべての手間を省いて最速で野菜を摂取することができます。

2.栄養面のメリット

野菜のビタミンは熱に弱いものも多く、料理の過程で栄養素が失われることも多いです。

なので、栄養面から見てもそのままの野菜を食べる野菜ジュースはメリットがあります。

また、既製品ジュースは、野菜を一度濃縮して個体にしたものに、水を加えて作っているものなどもあり、必ずしもすべてのジュースが栄養面で効果的なわけではありません。

3.組み合わせの多彩さ

野菜の組み合わせを考えると、一般の料理ではほぼ定番のメニューは固定化されます。
そして、その野菜の組み合わせは必ずしも栄養面で最適ではありません。

一方で野菜ジュースなら、ベースにバナナやリンゴなどの組み合わせやすい素材を据えれば、ほぼすべての野菜がジュースとしてコンビを組むことが可能です。

既製品ジュースではだめなのか

既製品ジュースではダメなのか?とはよく聞かれること。
ダメではないが以下のデメリットがある点は把握する必要がある。

1.多くの製品は低温殺菌法を使っている

賞味期限を伸ばすために多くの製品では低温殺菌法を使っている。
これにより栄養素や酵素も一部破壊されてしまう。

2.手作りジュースの方が美味しい

既製品ジュースは手作りジュースほどのフレッシュさはない。フリーズドライの野菜をジュースにしたり、作成してから時間がたってしまうためその場で手作りしたものほど美味しくならないことが多い。

3.糖質が多い

既製品ジュースは糖質が多いものが多い。

そのため飲みすぎは健康面でリスクがある。

まとめ

要は手作り野菜ジュースが最強という話です。

ちなみに、野菜を混ぜ合わせて作る液体としては、食物繊維やたんぱく質も丸ごとかき混ぜて作るスムージーと、それらを取り除いて果汁だけで作る野菜ジュースに分かれます。

その違いなどについてはまた別記事で紹介しますが、野菜ジュースを作るのはジューサー、スムージーを作るのがミキサーと覚えましょう。

とにもかくにも野菜を買って混ぜてみましょう。

きっと健康面で大きな変化が体感できるはずです。